ルテインとは

眼病予防にもオススメとされているルテイン。ブルーベリーサプリにも配合されていることが多く、どんな成分なのか理解をすることで更にサプリの魅力に近づけます。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

ルテインについて知ろう!

ここでは、ほうれん草やパセリに多く含まれるルテインについて、基本的な情報をまとめました。ルテインの抗酸化作用や効率的な摂取の仕方について解説しています。

ルテインとは

ルテインとは、ほうれん草やパセリ、ケールなどに豊富に含まれる天然色素のひとつ。600種類以上もあると言われているカロテノイドの一種です。「天然のサングラス」という異名もある通り、光の害から目を守る成分として有名です。

ルテインには様々な健康効果が確認されていますが、特に素晴らしい働きが、その強力な抗酸化作用です。人の体は、活性酸素と呼ばれる物質によって徐々に酸化が進みます。この酸化が、ガンや脳卒中などの様々な病気の原因となったり、肌の老化の原因となったりします。抗酸化作用とは、この酸化を抑える働きのこと。つまり、ルテインの強力な抗酸化作用が、様々な病気予防やアンチエイジング効果をもたらすということです。

ルテインは、もともと人間の体に備わっている成分なのですが、特に目の水晶体と黄斑部に多く存在しています。そのため、ルテインが不足すれば目が不調となり、ルテインを補充すれば目が快調になる、といった単純なシステムが働きます。

さらに言えば、ルテインの継続的な補充によって白内障や黄斑変性症、飛蚊症、目の炎症などの眼病を予防・改善する効果も生まれることから、現在では多くの眼科医がルテインの摂取を推奨しています。

ルテインは体内で合成されない

ルテインはもともと人間の体に備わっている成分。ただ、体内にあるルテインは年齢とともに徐々に減少していき、しかも、人間は体内で新たなルテインを作り出すことができません。つまり、外部から摂取しなければ体内のルテインはただ減り続けるだけ、ということになります。

特にルテインは40代を境に急激に減少します。40代と言えば、ちょうど老眼が始まるタイミング。老眼は急激にやってきます。「急激」という共通点に鑑みても、ルテインの減少と老眼の発症との間には、何らかの相関関係があるのかも知れません。

ルテインを効率的に摂取する方法

ルテインを豊富に含む食材を見てみると、その多くが私たちの食卓に身近なもののようです。ただ、健康効果を狙ったときに、これらの食材だけから必要十分なルテインを摂取することは、不可能ではありませんが現実的ではありません。

ルテインを非常に多く含むことで知られるほうれん草でも、1日に相当な量を食べなければ、健康効果をもたらすために必要な量のルテインを摂取することはできません。しかも、毎日継続的に摂取しなければならないわけですから、かなり大変です。

ルテインを効率的に摂取するためには、サプリメントを利用することが望ましいと言えるでしょう。さらに、ビルベリーに豊富に含まれるアントシアニンという成分と一緒に摂取すれば、ルテインの吸収率は飛躍的にアップすることが分かっています。サプリメントを利用する際には、ルテインとアントシアニンを一緒に摂ることをおすすめします。