ルテインサプリの効果と上手な選び方

網膜の機能を正常化し、活性酸素を除去して眼病を予防するルテイン。効果が高く続けやすいサプリを選ぶには?

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング発表

サプリ選びのポイント!
ルテインを良く知って、効果を実感しよう。

ルテインの摂取にはサプリが効果的。こちらではサプリ選びのポイントについてご紹介します。

ルテインには目の網膜を正常に機能させる効果があり、有害な光を吸収し、活性酸素を除去して眼病を予防します。

食事からも接種することができるルテインですが、摂取方法によって吸収率が左右されることから、やはりサプリが効果的。

ルテインのサプリを選ぶ際には、効果と継続性の目安となる、含有量と価格を確認しましょう。納得のいくサプリ選びが大切です。

ルテインが持つ代表的な2つの働き

ルテインには、主に2つの働きがあります。1つ目が「光を吸収する働き」、2つ目が「活性酸素を除去する働き」です。

  • 光を吸収する働き

    パソコンや携帯電話などが日常の一部となった昨今、その画面からは「ブルーライト」と呼ばれる有害な光が発せられています。このブルーライトが目に入ると、やがては白内障などの眼病に発展するリスクがあります。ルテインには、これら目に入ってきた有害な光を吸収する働きがあります。

  • 活性酸素を除去する働き

    目の中では、生活習慣や紫外線などの影響によって常に活性酸素が生じています。この活性酸素が網膜で過剰に生成されると、加齢性黄斑変性症など様々な眼病の原因にもなってしまします。ルテインには、目の中に生じた活性酸素を強力に除去する働きがあると言われています。

ルテインに秘められた様々な効果

ルテインには様々な効果があります。中でも「眼病予防効果」「コントラスト感度を良くする効果」「炎症を抑える効果」「美肌効果」が知られています。

  • 眼病予防効果

    ルテインには、黄斑変性症や白内障などの眼病を予防する効果があります。また、緑内障を予防するとの報告もあります。

  • コントラスト感度を良くする効果

    コントラスト感度とは、モノの色の濃さや薄さを感じる能力。ルテインを摂取することによりコントラスト感度が改善して、モノが見えやすくなると言われています。

  • 炎症を抑える効果

    ルテインには、目のぶどう膜炎に対する抗炎症作用があると言われています。ぶどう膜炎による目の赤みや目の痛みなどの炎症を抑える、または予防する効果が期待されています。

  • 美肌効果

    イタリアにおける臨床実験では、ルテインを肌に塗布することによる美肌効果が確認されています。

様々な効果が期待できるルテインですが、やはり効果の対象としては「目」が主役のようです。

最も注目すべきルテインの効果は「眼病予防」

ルテインの効果としては、白内障と黄斑変性症の予防効果が確認されています。また、現在は研究段階であるものの、緑内障の予防にも効果があるとの報告があります。

白内障の予防効果

白内障とは、目の中の水晶体という組織が、活性酸素や光線などの影響によって白濁(タンパク質の変質)し、徐々にモノが見えにくくなっていく眼病。ルテインには強い抗酸化作用と、有害な光線を吸収する働きがあるので、白内障の予防に効果的と言われています。

黄斑変性症の予防効果

黄斑変性症とは、網膜の中心組織とも言える「黄斑」が、活性酸素などの影響によってダメージを受け、徐々に視力が低下していく眼病。ルテインが持つ高い抗酸化力は、黄斑変性症の予防に効果的とされています。

緑内障の予防効果

緑内障とは、生活習慣など様々な原因によって目の中の圧力(眼圧)が上昇し、視神経が圧迫されて視覚が欠損していく眼病。放置すると失明する恐れがあります。ルテインの緑内障予防効果についてはまだ研究途上ですが、ルテイン摂取による眼圧低下の事例は多数報告されています。強い抗酸化力による働きではないか、との見方があります。

ルテインは食事から摂ることが可能

食品(イメージ)ルテインは、緑黄色野菜に豊富に含まれています。身近な食材ではホウレン草やパセリに特に豊富に含有され、他にも、ブロッコリーやレタス、カボチャなどにも少量ですが含まれています。

これら野菜からルテインを摂取する際には、ルテインが脂溶性であることに注意して調理しましょう。脂溶性の栄養素は、油とともに摂取しなければ吸収率が下がってしまいます。ホウレン草であれば、お浸しではなく油炒めなどがおすすめです。

十分な量のルテインを摂取するならばサプリメントを

ルテインのサプリ(イメージ)眼病予防を目的としてルテインを利用するならば、毎日、相当量を摂取しなければなりません。ホウレン草であれば、毎日200gが目安です。
200gのホウレン草を、毎日油炒めで食すというのは、あまり現実的な話ではありません。メニューとして現実的でないばかりか、食費の点でも現実的ではないでしょう。
また、ケールにはホウレン草の2倍程度のルテインが含まれていますが、苦みが強いため日常的な食材として利用する人はいないでしょう。

ルテインを健康のために摂取するならば、サプリメントを利用するのがおすすめです。手軽に必要十分なルテインを摂取することができ、しかも、食材からルテインを摂ることに比べると格段にリーズナブルです

ルテインサプリを選ぶときのポイント

ルテインサプリを選ぶ際には、まずルテインの含有量をチェックしてみましょう。眼病予防を目的とした場合は、最低でも1日で10~20mgのルテインを摂取する必要があります。

また、ルテイン以外の成分にも注目したいところ。ビタミンAやビタミンB群など、目に良いとされる成分を併せて含有しているものが理想です。

さらに、価格も重要な基準です。サプリは薬ではないので、継続的に摂取しなければ効果を実感できません。継続するためには、価格も重要な基準です。

  • 1日10〜20mgのルテインが摂取できる
  • ビタミンAやビタミンB群などを含有している
  • 継続できる価格であること

重要!ルテインはアントシアニンと一緒に摂るべし

ルテインの効果を最大限に発揮させるためには、アントシアニンという成分と同時に摂取することが理想です。

アントシアニンとは、ルテインを目まで運搬する働きをしている成分。アントシアニンが足りなければ、せっかくルテインを摂取しても十分な量が目まで届きません。

アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリーなどに豊富に含まれています。サプリの商品名に「ブルーベリー」「ビルベリー」などと併記されているかどうかは、商品選びの際の大きなポイントです。

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング