本当に効果があるおすすめのブルーベリーサプリメントを比較!

数多くあるブルーベリーサプリメントを成分量や効果の根拠を元にジャッジ!

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

本当に効果がある
ブルーベリーサプリメントランキング

安全面・効果ともに信頼できるサプリのみを厳選

薬と違って、気軽に始められるサプリメント。しかし、毎日飲み続けても効果がなければ意味がありません。ここでは、本当に効果がるのか、明確な根拠を消費庁に提出している「機能性表示食品」と、栄養成分が一日当たりの摂取目安量に当てはまる「栄養機能食品」のみをピックアップ。信頼できるサプリの中から、あなたのお悩みに合ったサプリを選びましょう。

目の疲れ・眼病予防なら
アントシアニンの含有量に注目

目に良いと言えば、やっぱりブルーベリー!実はこれ、ブルーベリーエキスやビルベリーエキスに含まれる「アントシアニン」の効果なのです。
つまり、アントシアニンが多い=効果が高いブルーベリーエキスになるので、サプリを選ぶときはまず「アントシアニン」の含有量をチェックしましょう。
目の健康効果が期待できるとされるアントシアニンの目安量は、約40mgです。

リフレブルーベリー&ルテイン

リフレ 「ブルーベリー&ルテイン」(商品イメージ)

引用元:https://hc-refre.jp/item/blueberry-supple/

吸収性2倍のアントシアニン&25種の成分で
目をサポート

北欧産のビルベリーを100%使用して抽出されるアントシアニンのほか、ルテインや20種類以上のビタミン、有効成分を配合。
特に、メグスリノキエキス、アイブライトエキス、カシスなど、眼精疲労を軽減させ、目の健康を保つ成分を豊富に配合しています。アントシアニンをミルトアルゴスという特殊技術で加工して、腸での吸収性を約2倍に高めているのも特徴。
単純にアントシアニンを配合したブルーベリーサプリよりも、目への高い効果が期待できます。

  • 1粒あたりのアントシアニン含有量

    40mg

  • 1粒あたりのビルベリーエキス

    120mg

  • 1ヶ月分の価格

    1,706

  • 初回価格

    1,000

  • 1日分の価格

    55

  • 1日分の
    ビルベリーエキス含有量

    120mg

  • そのほかの
    目に良い成分

    24種類
    ルテイン、アイブライトエキス、カシスエキス、α-リポ酸、ヤツメウナギ油、メグスリノキエキス、松樹皮エキス末、イチョウ葉エキス、コエンザイムQ10、赤ブドウ葉エキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、ゼアキサンチン、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、EPA、DHA、ラクトフェリン

ブルーベリー目利き委員会の“目効き”ポイント

アントシアニンの適正な摂取目安量である、40㎎を1粒で摂取できる点に注目。ブルーベリーエキスの配合量だけでなく、アントシアニンに換算した配合量をきちんと明記していますし、アントシアニンを吸収されやすいように加工している点も評価すべき点でしょう。
さらに、アントシアニンとルテインだけでなく、20種類を超える有効成分やビタミンを配合している点もポイント。ビタミンA、C、Eをはじめ、目の機能アップに効果的な成分、アンチエイジングに効果的な成分など、複合的に健康をサポートします。

山田養蜂場ブルーベリー+ルテイン

山田養蜂場 「ブルーベリー+ルテイン(商品イメージ)

引用元:http://www.3838.com/kenko/item/11734/

β-カロテンもプラスして瞳への栄養をチャージ

無農薬で育てられた北欧産ビルベリーエキスを、1日の摂取目安である2粒の中に200㎎も配合しているサプリメント。マリーゴールドの色素ルテインのほかに、夜間の視力維持に効果があるとされるβ-カロテンも加え、パソコンやスマホで疲れた目の疲労回復と、クリアな視界の維持に役立ちます。血流を促進するビタミンB12やメグスリノキエキスなど、目の健康にターゲットを絞った配合が特徴。飲みやすい小粒のソフトカプセルです。

  • 1粒あたりのアントシアニン含有量

    37mg

  • 1粒あたりのビルベリーエキス

    100mg

  • 1ヶ月分の価格

    2,571

  • 初回価格

    -

  • 1日分の価格

    84

  • 1日分の
    ビルベリーエキス含有量

    200mg

  • そのほかの
    目に良い成分

    4種類
    ルテイン、メグスリノキエキス、ビタミンB12、β-カロテン

ブルーベリー目利き委員会の“目効き”ポイント

1日に2粒摂取することが推奨されていて、2粒飲むとビルベリーエキス200㎎を摂取できます。しかし、アントシアニンに換算すると74㎎で、1日の適正摂取量40㎎を大きく超える高配合です。胃腸への負担や肌荒れが気になる方は、体調に合わせて摂取量を減らしてもよいでしょう。
アントシアニン以外の成分は、ルテイン、メグスリノキエキス、ビタミンB12、β-カロテンと、眼精疲労や目の機能回復への効果を考えて絞り込んだ配合となっています。

ヤクルトブルーベリールテイン

ヤクルト 「ブルーベリールテイン」(商品イメージ)

引用元:https://www.yakult-hf.co.jp/products/supplement/blueberry.html

5種類のビタミンとビルベリーエキスを高配合

1日の摂取目安量は2粒ですが、その中に北欧産のビルベリーエキスを250㎎、ルテインを6mgも配合しています。これは、サプリ2粒でブルーベリー30個分のアントシアニンを補給できる計算になるそうです。
さらに、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミンを5種類加え、目の機能アップが期待できるアイブライトエキスもプラス。疲れ目やかすみ目の改善、目の老化防止のためにもおすすめのサプリメントです。

  • 1粒あたりのアントシアニン含有量

    31.25mg

  • 1粒あたりのビルベリーエキス

    125mg

  • 1ヶ月分の価格

    3,564

  • 初回価格

    -

  • 1日分の価格

    118

  • 1日分の
    ビルベリーエキス含有量

    250mg

  • そのほかの
    目に良い成分

    7種類
    ビタミンA、B1、B2、B6、B12、アイブライトエキス、ルテイン

ブルーベリー目利き委員会の“目効き”ポイント

1日分の摂取量2粒でビルベリーエキス250㎎とルテイン6mgを摂取可能。アントシアニンに換算すると62.5㎎と含有量が多いので、体調への影響が気になる方は少な目に摂取することをおすすめします。
アントシアニンとルテイン以外には、ビタミンB群とビタミンA、アイブライトエキスを配合し、視力機能の回復や改善に特化したサプリと言えます。ヤクルトの商品ですが、宅配ではなくドラッグストアなどで一般販売されていて、手に入れやすいのも特徴です。

その他サイト内で紹介しているブルーベリーサプリ一覧

オリヒロブルーベリー&ルテインソフト粒 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
オリヒロ ブルーベリー&ルテイン ソフト粒(サイトイメージ)

引用元:http://health.orihiro.com/

15.6mg 7,344円(税込)
サプリの特徴
オリヒロの「ブルーベリー&ルテインソフト粒」は120粒入り。1日あたり4粒(9カロリー)が摂取目安です。サプリメントの特徴は、原料にフリー体のルテインを使用していること。ルテインとブルーベリーエキスに含まれるアントシアニンによるダブルの効果で、視力回復を図ります。原材料にはゼラチンが含まれているので、ゼラチンアレルギーの人は含用を避けましょう。
ルックルックルックルックベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
ルックルック ルックルックベリー(サイトイメージ)

引用元:引用元:https://www.looklook.co.jp/

18.8mg 1,728円(税込)
サプリの特徴
原材料には、アントシアニンを豊富に含む「ブラジル産アサイ―」と「北欧産ビルベリー」を使用しています。 また、マリーゴールドから抽出したルテインも配合。電子機器を長時間視聴して疲れた目をサポートしてくれます。 1袋あたりの内容量は62粒、1日あたりの摂取目安は2粒(6.6カロリー)となっています。ただし、1粒あたりのアントシアニン量は18.8mgなので、毎日40mg以上のアントシアニンを摂取したいと考えている人は3粒以上含用する必要がありそうです。
サントリーブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
サントリー ブルーベリー(サイトイメージ)

引用元:http://www.suntory-kenko.com/

14.4mg 5,184円(税込)
サプリの特徴
1日あたりの摂取目安量は3粒。カプセルは1cmほどのソフトカプセルタイプで、飲みやすいのが特徴です。 1日のアントシアニン摂取目安「40mg」を1粒でクリアしている優秀サプリメント。使用しているのは、野生種のビルベリーから抽出したエキスです。そのほか、薄暗い場所で視界のピントが合わない「夜盲症」に効果的なカロテン、若々しい肌や健康体を保てるビタミン類などが豊富に含まれています。視力だけでなく、健康で若々しい身体をキープしたい人におすすめのサプリメントです。
えがおえがおのブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
えがお えがおのブルーベリー(サイトイメージ)

引用元:https://www.241241.jp/

公式サイトに記載なし。 1,728円(税込)
サプリの特徴
えがおのブルーベリーは、2017年のモンドセレクションで金賞受賞を受賞したサプリメント。1袋31粒入りで、1日あたりの摂取目安はたった1粒(2.63カロリー)と飲み続けやすいサプリメントです。アントシアニンの吸収率が高い「吸収型ビルベリーエキス」を160mg配合しているのが特徴。BELAN社の比較試験によると、吸収型ビルベリーエキスは一般的なビルベリーエキスに比べて約2倍の吸収率というデータが出ています。ビルベリーエキスのほか、エルダベリー・マキベリー・カシスなど、目に優しい成分が豊富に含まれていますよ。
わかさ生活スーパーブルーベリーアイ 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
わかさ生活 スーパーブルーベリーアイ(サイトイメージ)

引用元:http://www.wakasa.jp/

公式サイトに記載なし。 1,980円(税込)
サプリの特徴
スーパーブルーベリーアイには、わかさ生活が特許を取得している製法で開発された「ナノ ビルベリーエキス」が160mg配合されています。一般的なビルベリーエキスよりも浸透力・吸収力が高いのが特徴です。 また、サプリメントに含まれる成分量のうち96%は有効成分。アミノ酸やビタミンCは、アントシアニンが体内に吸収されるまで壊れないように守り抜く役割を果たしてくれますよ。 1袋の内容量は31粒。1日あたりの摂取目安は1粒です。ブルーベリー約360個分ものアントシアニンが1粒にぎゅっと凝縮されているそうですが、アントシアニン量の具体的な数値については記載がありませんでした。
キユーピーブルーベリー&ルテイン 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
キユーピー ブルーベリー&ルテイン(サイトイメージ)

引用元:https://www.kewpie.co.jp/

18.75mg 1,620円(税込)
サプリの特徴
ブルーベリー&ルテインは、1袋2ヶ月分(120粒)入りで3,240円のサプリメント。まとめて2ヶ月分ゲットできるのが嬉しいポイントです。 1日の摂取目安量は2粒(3.8カロリー)。ただし、2粒あたりのアントシアニン量は37.5mgなので、毎日アントシアニン摂取目安量の40~90mgを補いたい人なら、3~5粒以上含用する必要があります。その場合、1袋(120粒)1ヵ月分となるでしょう。 ビルベリーエキスのほか、紫外線から目を守ってくれるルテインも1粒あたり2mg配合されています。
小林製薬ブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
小林製薬 ブルーベリー(サイトイメージ)

引用元:https://www.kobayashi.co.jp/

50.4mg 1,512円(税込)
サプリの特徴
小林製薬のブルーベリーは、着色料・香料・保存料のすべてが無添加という点が特徴です。販売元は大手製薬会社の小林製薬という影響もあり、利用者からの信頼が厚いそう。 ビルベリーエキスは1粒につき、たっぷり140mgも配合されています。 1袋あたり30粒入り。毎日たった1粒飲むだけで、1日のアントシアニン摂取目安量を補えますよ。 ただし、なんらかの薬を服用中の人、妊娠・授乳中の人は副作用が起こる可能性アリ。1度かかりつけ医に相談してから飲用しましょう。
アサヒディアナチュラ ブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
アサヒ ディアナチュラ ブルーベリー With カシスルテイン(サイトイメージ)

引用元:http://www.asahi-fh.com/products/supplement/dear-natura/

18.5mg 1,490円(税込)
サプリの特徴
アサヒが提供している、生活習慣や目的に合わせて選べるサプリメント「ディアナチュラシリーズ」の1つです。 1箱あたりの内容量は60粒、1日の摂取目安は2粒(1.88カロリー)。ほかのサプリメントに比べて低カロリーなのが、女性にとって嬉しいポイントです。 サプリメントには、アントシアニンを含むエキスが2種類含まれています。1つはブルーベリーエキス(1粒あたり70mg)、もう1つはカシスエキス(1粒10mg)です。 2種類のアントシアニンとマリーゴールドから抽出した天然由来のルテインで視力回復をサポートしてくれますよ。
マルマンルテイン&ビルベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
マルマン ルテイン&ビルベリー(サイトイメージ)

引用元:http://store.maruman-healthcare.com/

公式サイトに記載なし。 2,980円(税込)
サプリの特徴
ルテイン&ビルベリーはボトル1本につき90粒入りのサプリメントです。1日の摂取目安は3粒(6カロリー)。ビルベリーエキスは3粒あたり250mg、ルテインは3粒あたり15mg配合されています。 アントシアニン量の詳細については公式サイトに記載されていませんでしたが、ビルベリーエキス量(250mg)から推測すると、毎日3粒飲めばアントシアニンの摂取目安量を補えそうです。 ルテインはケミン・ヘルス社の特許製法によるフリー体のものを使用。吸収力が高いフリー体ルテインとアントシアニンの2つの作用で、目の疲れを癒してくれるでしょう。
健康家族ブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
健康家族 ブルーベリー(サイトイメージ)

引用元:http://www.kenkoukazoku.co.jp/

36mg 1,490円(税込)
サプリの特徴
健康家族のブルーベリーは、1袋あたり31粒入り。カプセルは細長く、飲みやすいと評判です。1日1粒が摂取目安ですが、1粒あたりのアントシアニン量は36mg。毎日40~90mg摂取したいと考えている人は、1日2粒以上飲む必要があります。 原料に使用されているビルベリーは、北欧ラップランド産の野生種です。農薬が使われていないので、安心して飲用できます。また、微量ですが、ルテインも1粒あたり0.96mg配合されていますよ。 夜間の視力向上をサポートするビタミンAも入っています。今後妊娠の予定がある女性、または妊娠3ヶ月以内の女性は、ビタミンAが胎児に影響を与える恐れがあるため、飲用を避けましょう。
ナチュラルウェイひとみの果実 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
ナチュラルウェイ ひとみの果実(サイトイメージ)

引用元:http://www.shproduct.jp/naturalway/

18mg以上 4,860円(税込)
サプリの特徴
ひとみの果実は、1995年にナチュラルウェイが発売して以来、20年以上も愛され続けているサプリメントです。過去には3年連続でモンドセレクション金賞を受賞した経歴もあります。1袋あたり60粒入りで、1日2粒(4カロリー)が摂取目安です。 料金は少し高めなので、まずは1ヵ月分のアルミパックタイプを試して、相性が良さそうだと感じたら132粒入り(2ヶ月半分)のボトルタイプ(9,936円)に切り替えると良いでしょう。 配合されているビルベリーエキスは、植物由来成分の開発・製造を行なっている企業「インデナ社」のもの。 また、厳しい審査をクリアした健康食品の証「JHFAマーク」を取得しているので、安心して飲用できます。※JHFAマークは(財)日本健康・栄養食品協会認定マークです
森下仁丹ブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
森下仁丹 ブルーベリー(サイトイメージ)

引用元:http://www.jintan.co.jp/

21.6mg以上 2,160円(税込)
サプリの特徴
森下仁丹が販売している「ブルーベリー」は、ビルベリーエキスに含まれる「アントシアニン」とマリーゴールドから抽出される「ルテイン」で、疲れ目を改善するサプリメントです。 ボトル1本あたり内容量は60粒、1日の摂取目安は2粒(3.2カロリー)。2粒あたりのアントシアニン量は43.2mgなので、1日のアントシアニン摂取目安量は充分補えるでしょう。また、細長い形状のソフトプセルなので、毎日でも飲み続けやすいのが魅力です。 自然由来のルテインのほか、健康維持に欠かせないアスタキサンチンもたっぷり含まれていますよ。
理研ビタミンクロセチンアイ 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
理研ビタミン クロセチンアイ(サイトイメージ)

引用元:https://www.riken-supportplus.jp/

公式サイトに記載なし。 5,184円(税込)
サプリの特徴
1袋あたり90粒入っているサプリメント「クロセチンアイ」。1日の摂取目安は3粒です。配合されているビルベリーエキスは50mgとやや少なめですが、代わりにクロセチンとルテインが豊富に含まれています。3つの成分の働きにより、眼球疲労の緩和・紫外線から網膜保護・目の周りの血行促進などの効果が期待できます。料金は5,184円と一見高めですが、送料や手数料が含まれているので総合的に見るとお得ですよ。
サーナピアビルベリープレミアム 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
サーナピア ビルベリープレミアム(サイトイメージ)

引用元:http://www.sanapia.co.jp/

公式サイトに記載なし。 2,550円(税込)
サプリの特徴
ビルベリープレミアムは、ピンクのダリアの花がプリントされたパッケージがお洒落でかわいいと評判のサプリメント。 1袋あたり60粒入り、1日2~3粒を目安に摂取するといいそうです。 ビルベリーエキスは1粒あたり80mg配合されています。また、目の神経伝達機能を向上させるイチョウ葉エキスも、1粒あたり60mg配合されています。2つの成分の働きで、緑内障による視野損傷や視力低下を押さえてくれますよ。 サプリメントは、健康食品GMP認証の工場で作られています。
ファンケルえんきん 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
ファンケル えんきん(サイトイメージ)

引用元:http://www.fancl.co.jp/index.html

公式サイトに記載なし。 2,160円(税込)
サプリの特徴
ファンケルが販売している「えんきん」は、45歳以上の視力をサポートするために作られたサプリメントです。主に、手元のピント調節を助ける成分が含まれています。 1袋の内容量は60粒、1日あたりの摂取目安量は2粒です。 ビルベリーエキスは20mgとほかのサプリメントに比べて少ないほうですが、ルテインやアスタキサンチン、DHAなど、アントシアニン以外の有効成分が豊富に配合されています。 原材料には、大豆の要素が含まれているので、アレルギーの人は注意しましょう。
医食同源ルテインとブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
医食同源 ルテイン+ビルベリー(サイトイメージ)

引用元:http://www.ishokudogen.com/

公式サイトに記載なし。 2,138円(税込)※20日分
サプリの特徴
「ルテインとブルーベリー」は、電子機器視聴の機会が多い現代人の目を守るために作られたサプリメントです。もともと、ルテイン+ビルベリーという名前でしたが、商品内容リニューアル(ビルベリーエキス配合率アップ)に伴い、名称も「ルテインとブルーベリー」変わりました。 サプリメントは1袋あたり60粒入り、1日3粒が目安です。ビルベリーエキスはもちろんのこと、疲れ目に欠かせない成分・ルテインも配合されています。3粒あたりのビルベリーエキスは30mg、ルテインは17mgです。ビルベリーエキスの配合量はほかのサプリに比べて少ないほう。アントシアニン量だけを摂取したい人には向いていませんが、ルテインとアントシアニンを合わせて摂取したいと考えている人におすすめです。
オルビスブルーベリー葡萄エキス 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
オルビス ブルーベリー葡萄エキス(サイトイメージ)

引用元:https://www.orbis.co.jp/

28.8mg以上 1,944円(税込)※20日分
サプリの特徴
1袋あたり60粒入り。1日あたりの摂取目安は2粒(3.7カロリー)です。 2粒あたりに配合されているビルベリーエキスは160mg、うち36%の「57.6mg」は有効成分・アントシアニンです。2粒で1日に摂取すべきアントシアニン量をしっかり補えますよ。ビルベリーエキスの原材料は、100%北欧産ビルベリー。野生種なので、農薬に関する心配も不要です。 そのほか、ルテインやビタミンA、β-カロテンなどの視界をスッキリさせるのに有効な成分が豊富に含まれています。
オーガランドブルーベリー 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
オーガランド「ブルーベリー」(サイトイメージ)

引用元:https://ogaland.co.jp/

公式サイトに記載なし。 594円(税込)
サプリの特徴
オーガランドが提供しているサプリメント「ブルーベリー」の魅力は、なんといっても価格でしょう。1袋あたり90粒入りで、料金はなんと594円。ほかのサプリメントに比べてかなり安めです。 1日の摂取目安は3~5粒。アントシアニン量についての記載はありませんでしたが、ブルーベリーエキスの配合量は1粒あたり3.335mg、ブルーベリー果汁末の配合量は1粒あたり21.668mgです。配合量としてあまり多いほうではないため、アントシアニンの摂取目的で引用したいと考えている人は1日5粒を目安にしたほうが良いでしょう。そのほか、健康体や感情コントロールに欠かせないビタミンB群も含まれていますよ。
サン・プロジェクトブルーベリーエキス 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
サン・プロジェクト 「ブルーベリーエキス」(サイトイメージ)

引用元:http://326229.jp/landing/lp1/

公式サイトには記載なし。 1,728円(税込)
サプリの特徴
サン・プロジェクトのサプリメント「ブルーベリーエキス」は、1袋あたり60粒入り。1日2粒~6粒が摂取目安となっています。アントシアニン量の詳細は記載されていませんでしたが、1粒あたりビルベリー果実32個分のアントシアニンが含まれているとのこと。ほかのブルーベリーサプリメントと比べると、特別多いほうではなさそうです。アントシアニンの摂取が目的の人は、ちょっと大変かもしれませんが毎日6粒飲むのが理想。 ちなみに、サプリメントは細長いソフトカプセルタイプなので、飲みやすさに関しては問題ないでしょう。 1粒あたりのカロリーは3カロリー。毎日6粒飲むとなると、カロリーバランスも考える必要がありそうです。
キューサイブルーベリー・メグスリノキ 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
キューサイ「ブルーベリー・メグスリノキ」(サイトイメージ)

引用元:http://www.kyusai.co.jp/

59.2mg 1,851円(税込)
サプリの特徴
ブルーベリー・メグスリノキは1袋30粒入り。摂取目安は1日1粒(3カロリー)です。 注目ポイントは、1粒あたりに含まれるアントシアニン量。1粒飲むだけで59.2mgも摂取できる優れものです。ビルベリーエキスは1粒あたり160mg配合されています。さらに、紫外線から目を保護してくれる成分・ルテインや、暗い場所での視力を向上させるビタミンAも配合されていますよ。ただし、ビタミンAは授乳中・妊娠中に摂取すると胎児に影響を与える可能性があるため、飲用する前に1度医師へ相談しましょう。
さくらの森めなり 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
さくらの森 めなり(サイトイメージ)

引用元:http://sakura-forest.com/

約31mg 4,298円(税込)
サプリの特徴
めなりは1袋あたり60粒入りのサプリメント。1日あたり2~6粒が目安です。 1粒あたりのビルベリー配合量は85mg、ルテインとゼアキサンチンの配合量は7.2mg。アントシアニン量の数値は記載されていませんでしたが、ビルベリー配合量から推測すると、2粒以上の飲用でアントシアニン摂取目安量をクリアできるでしょう。 めなりに使用されているのは、さくらの森が特許を取得しているビルベリーで、アントシアニンの持続力と吸収率の高さが特徴です。ルテインはマリーゴールドから抽出した天然由来のルテインを使用しています。 初回特別価格もあるため、まずはブルーベリーサプリを試してみたいという人におすすめです。
わかさ生活ブルーベリーアイデラックス 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
わかさ生活「ブルーベリーアイデラックス」(サイトイメージ)

引用元:http://www.wakasa.jp/

公式サイトに記載なし。 1,880円(税込)
サプリの特徴
ブルーベリーアイデラックス1袋あたりの内容量は31粒で、1日の摂取目安は1粒(2.77カロリー)。ソフトカプセルで飲みやすいサプリメントです。 わかさ生活の特許製法で作られたナノビルベリーエキスは60mg、北欧産のビルベリーエキスは100mg配合されています。アントシアニン量の詳細について記載はありませんでしたが、ナノビルベリーエキスのアントシアニン含有量は36%とのこと。よって、ナノビルベリー60mgのうち、少なくとも21.6mg以上はアントシアニンということになります。アントシアニン摂取目安量を確実に補いたい人は、2粒飲んでおけば間違いないでしょう。
らてら北国アロニア 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
らてら 北国アロニア(サイトイメージ)

引用元:http://www.laterra.co.jp/

公式サイトに記載なし。 4,104円(税込)
サプリの特徴
ボトル1本につき、たっぷり180粒入りという内容量。1日の摂取量目安は3~6粒です。 たくさん飲んでも1ヵ月分、調整すれば2ヶ月分になります。 北国アロニアの最大の特徴は、ブルーベリーやビルベリーではなく、北海道産の果実「アロニア」を使用していること。 アロニアは、ブルーベリーの約4倍ものアントシアニンを含むと言われている果実です。 アントシアニン量についての記載はありませんでしたが、ブルーベリーやビルベリーで満足いく効果を感じられなかった人は試してみるといいかもしれません。 サプリメントは三角形のタブレット状。ビタミンAも配合されているようなので、暗闇での視界の悪さに悩んでいる人にもおすすめです。
NOW社ビルベリーコンプレックス 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
NOW社 ビルベリーコンプレックス(サイトイメージ)

引用元:http://www.suplinx.com/shop/

約28.8mg以上 海外製のため
販売元により変動あり
サプリの特徴
ビルベリーコンプレックスは、1968年に設立されたアメリカのサプリメントメーカー「NOW社(Now Foods)」が製造しているサプリメントです。そのため、商品価格が定期的に変動します。ボトルの内容量は50粒、1日あたりの摂取目安は2~3粒です。サプリメントは2cm体とやや大きめ。海外製商品ならではのサイズだと言えるでしょう。 1粒あたりのビルベリー配合量は80mg、うちアントシアニン含有量は28.8mg以上です。2粒以上飲み続ければ、安定してアントシアニン摂取目安量を補えますよ。
ミナミヘルシーフーズブルーベリー粒120 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
ミナミヘルシーフーズ ブルーベリー粒120(サイトイメージ)

引用元:http://product.rakuten.co.jp/product/-/8bedf8596e522bc509e2f37b1987917e/

2.6mg 2,116円 (税込)※30日分
サプリの特徴
ブルーベリー粒120の1日あたりの摂取目安は12粒とかなり多め。毎日飲み続けるのは大変かもしれません。アントシアニン量の摂取目安量をクリアするには、毎日18粒(アントシアニン量46.8mg)飲み続ける必要があります。 ボトル内容量は180粒(15日分)で1,058円とお手頃なので、「まずは半月試してみたい!」という人におすすめです。 ブルーベリー粒120の特徴は、余分な成分を含んでいないこと。1粒あたりのカロリーは、なんと1.01カロリーです。ブルーベリーエキスのほかに配合されているのは、乳糖、コーンスターチ、ショ糖エステル、セラックなど。とてもシンプルなサプリメントです。
ユウキ製薬株式会社ブルーベリー+ルテイン 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
ユウキ製薬株式会社 ブルーベリー+ルテイン(サイトイメージ)

引用元:http://yuukisy.jp/

32.4mg 2,344円(税込)
サプリの特徴
ユウキ製薬株式会社が提供している「ブルーベリー+ルテイン」は、国内の指定工場のみで作られているブルーベリーサプリメントです。ボトルの内容量は60粒、1日あたりの摂取目安は2粒(5.7カロリー)となっています。 1粒あたりのアントシアニン量は32.4mgなので、2粒で十分なアントシアニン量を摂取できますよ。 また、マリーゴールドから抽出したルテインも1粒あたり0.6mg配合されています。長時間の「電子画面視聴・運転」で疲れた目を労わるサプリメントです。
株式会社エーエフシーブルーベリーGOLD 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
株式会社エーエフシー ブルーベリーGOLD(サイトイメージ)

引用元:https://item.rakuten.co.jp/afc/c/0000000706/

公式サイトに記載なし。 2,916円(税込)
サプリの特徴
1袋30粒入り、1日1粒(3カロリー)飲むだけでOKなブルーベリーサプリメントです。 吸収力の優れたビルベリーエキス「ミルトアルゴス」が、1粒あたり150mgも配合されています。その吸収性は一般的なビルベリーエキスの約2倍と言われているほど。アントシアニン量についての記載はありませんでしたが、吸収力が高い分、アントシアニンをしっかりと体内に取り込めるので、短期間で効果を実感しやすいかもしれません。
グリーンメディカルビルベリー&ルテイン レスベラトロールプラス 1粒当たりのアントシアニン 1ヶ月分の価格
グリーンメディカル ビルベリー&ルテイン レスベラトロールプラス(サイトイメージ)

引用元:http://www.greenmed.ecweb.jp/product/diet/b_l_r_1y.html

公式サイトに記載なし。 779円(税込)
サプリの特徴
グリーンメディカルが販売している「ビルベリー&ルテイン レスベラトロールプラス」は、1年分のサプリメントが詰まった商品です。内容量は365粒、価格は9,345円。1ヵ月あたりの料金に換算すると、なんと779円というコスパの良さが魅力です。何度も購入する手間がかからない点もおすすめポイント。 1日の摂取目安は1~4粒となっています。 アントシアニン量の数値は記載されていませんでしたが、パッケージ情報によると「100倍濃縮のビルベリーを配合している」とのことです。

ブルーベリーのサプリに含まれる成分について

ブルーベリーサプリメントで注目すべき成分・アントシアニンとは?

ブルーベリー目利き委員会のランキングチェックポイント

ブルーベリーが目に良いことは、もはや常識! ブルーベリーに含まれる成分の中でも、目に効果があるのが「アントシアニン」という成分になります。強い抗酸化力で活性酸素を取り除き、細胞の酸化を防ぐことで、眼精疲労をはじめとする目の症状に強い効果を発揮するとされています。

このアントシアニンは、ブルーベリーやビルベリーの質によって含有量が異なるため、単純にブルーベリー・ビルベリーエキスが多ければアントシアニン含有量も多くなる、というわけではありません。

サプリ選びにおいても、ついついブルーベリー・ビルベリーエキスの含有量に目が向きがちになりますが、アントシアニン含有量に着目することこそが本当に目に効くサプリメント選びで重要となるのです。

ただし、1日のアントシアニン摂取目安量は40㎎程度と言われており、過剰に摂取すると、ごくまれにですが胃腸のトラブルや肌荒れにつながることがあります。摂取すべき適量を守ることも、ブルーベリーサプリを上手に利用するポイントです。

そこで、このランキングでは、1日の摂取目安量で摂れるアントシアニン量を徹底比較。ビルベリー含有量や価格、サプリメントに含まれるその他の成分などの基本情報も参考にして、ご自身のブルーベリーサプリメント選びに役立ててください!

網膜の健康を守るルテインって?

ブルーベリー目利き委員会のランキングチェックポイント

ルテインはブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜や卵黄に含まれる黄色い色素のことで、人間の体内にも存在している意外と身近な成分です。

ルテインの注目すべきパワーは、光を遮る機能と強い抗酸化作用。光をブロックするだけでなく、光が細胞に到達した際には抗酸化作用で酸化ダメージを受けないようにしてくれます。また、紫外線だけでなく、蛍光灯やテレビ、PCのライトに含まれる有害なブルーライトを吸収し、光によって発生する活性酸素を除去してくれるのです。

しかし、ルテインは体内で合成することができず、加齢や紫外線、タバコなどによって消費されていきます。減少すると多くの病気にかかりやすくなる危険性が。1日に必要なルテインの目安量は6~10mg、白内障といった眼病の治療には20~40mgが必要とされており、目や身体の健康維持、眼病の予防のためには、食物やサプリメントから効率的にルテインを摂取することが必要です。

賢いサプリメントの選び方~機能性表示食品・栄養機能食品・特定保健用食品とは?~

ネット社会と言われる現代。魅力的な宣伝文句と、良いことだらけの口コミをまとめたサイトで宣伝、そんな商品がたくさん飛び交っていますよね。 それらの商品を見て「これって本当に効果があるの?」なんて、ふと疑問に思ったことはありませんか。

そんな時注目したいのが、機能性の表示をしているかどうか。
サプリメントなどの食品は、「一般食品」と「保健機能食品」に分かれます。保健機能食品は、一般機能食品と違い「体の働きを調える機能」が強化されている食品です。しかし、多くのサプリメントは保健機能食品ではなく、一般食品に含まれているのです。

では「保健機能食品」とは何か。食品の機能性を表示する保健機能食品には、「機能性表示食品」「栄養機能食品」「特定保健用食品」の3つがあります。それぞれ見ていきましょう。

  • 機能性表示食品(平成27年4月から導入)
    安全性と科学的根拠に基づいた機能性を、消費者庁長官に提出しているもの。簡単に言えば、「目の疲労感を緩和してくれる」と広告していたら、目の疲れを緩和する効果がなぜあるのかを、消費者庁長官に報告している商品ということです。この情報は、WEB上で誰でも見られるようになっているため、消費者自身が確認することもできます。
  • 栄養機能食品
    1日に必要な栄養成分(ミネラルやビタミンなど)のどれかを補給できるもの。その栄養素が、国が定めている基準量に入れば栄養機能食品と名乗れます。
  • 特定保健用食品
    広告している効果や安全性を国が審査し、消費者庁長官が許可したもの。通称「トクホ」。試験項目が多く、費用や時間の負担が大きいため、認可されている保健機能食品は少ないです。

機能性の表示がない食品は効果がない?

機能性の表記がないから危険・効果がないというわけでは決してありません。一般食品でも、本当に効果のある商品は多いです。ただ情報が錯綜している今の時代だからこそ、明確に情報掲示をしているかどうかは注目すべきポイントと言えるでしょう。

安心して食品を購入するために、サプリ以外にも、安全性や効果の判断材料として、ぜひ機能性の表示を活用してください。

ビルベリーとブルーベリーの違い

北アメリカが原産のブルーベリーと、北欧で多く収穫されているビルベリー。見た目にはよく似ており、その違いは分かりづらいかもしれません。これらの異なる点にまず、ブルーベリーは栽培可能であるのに対し、ビルベリーはほとんどが野生種であるということがあります。ヨーロッパの森林で自生するビルベリーは非常に寒い土地で育ち、また夏の間の「白夜」によって長期間紫外線を浴び続けます。それらの要因がビルベリーの高い栄養素の含有量に繋がっており、アントシアニンの含有量は国産ブルーベリーのおよそ5倍。

ブルーベリーは生食で使えるものの、ビルベリーはサプリメントでの使用がほとんどです。ヨーロッパでは医療用として使われることもあるビルベリーは、視覚機能改善や抗酸化力強化の効果が期待されるアントシアニンを、ブルーベリーよりも効率的に摂ることができる果実といえます。

ブルーベリーサプリが目にいい理由

パソコンや携帯画面を長時間見ることの多い方の場合、目がショボショボする、視界がかすむなどの眼精疲労はどうしてもついて回るものです。ひどい場合、頭痛や吐き気、精神的なストレスにも繋がるでしょう。また、ドライアイ、緑内障など目の病気が隠れていることもあります。その場合積極的に摂りたいのがブルーベリーサプリです。ブルーベリー、特にビルベリーに豊富に含まれている「アントシアニン」には、目の疲労を和らげる効果や、ピント調節機能を改善する作用があります。その効果は、ヒトに対する臨床試験でも実証済みです。

ビルベリーエキスとして1 日107 mg 以上、ビルベリー由来アントシアニンとして40.0 mg 以上を日常的に摂取することで、VDT 作業による目の疲労感や毛様体筋の緊張状態、縮瞳率、近点視力、調節力が改善する可能性が示唆された。さらに、ビルベリー由来アントシアニンを摂取することで、血中の抗酸化力が改善されることが示された。目の疲労感の原因として、毛様体筋において起こる炎症や活性酸素の関与が知られているため、抗酸化作用を有するビルベリー由来アントシアニンの摂取は有効である可能性が考えられる。
出典(引用元)
https://gifu-pu.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common
_download&item_id=13033&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=13&block_id=51より

このことからブルーベリーサプリは眼精疲労、眼病予防に有用といえます。毎日ビルビリーやブルーベリーをそのまま食べることは難しいですが、サプリをうまく利用することで賢く、健やかな目を維持することができるでしょう。

いつ・どのくらいの期間飲めばいい?

ブルーベリーサプリを飲むタイミングには、朝が適しています。サプリに含まれるアントシアニンは、仕事などで目を酷使する方を大きく手助けする成分といえるためです。しかし、朝は時間がない、朝食をとらないためなかなか習慣づかないといった場合、ブルーベリーサプリを飲むことをやめてしまうきっかけにも繋がりかねません。ブルーベリーサプリは継続して飲むことで効果が期待されるもの。無理のない時間帯で、まずは1カ月間続けるようにしましょう。そうするうち徐々に習慣づき、サプリを飲むことが暮らしの一部になってきます。その後半年も経つと、身をもって効果を実感することが可能です。

あくまでブルーベリーサプリは健康を維持するためのものと考え、生活リズムのなかにうまく組み込み、長期的に続けることをおすすめします。

ブルーベリーをサプリで摂るメリット

ブルーベリーを効率よく摂取でき、必要量をきちんと補えることが、サプリメントで摂取するメリット。目や体の健康維持にはブルーベリーに含まれるアントシアニンが効果的ですが、食物から摂ると1日に300gものブルーベリー(約100個)が必要になります。

1日だけならまだしも、食費やメニューの飽きといった問題もあり、毎日摂取するのは困難です。そのため、効率的かつ手軽に摂取できるサプリメントが最適。

また、ブルーベリーをたくさん摂取しても、含まれる全てのアントシアニンを吸収することはできません。必要量だけ配合されたサプリメントを摂ることで、効率よく摂取することができるのです。

>>本当に効果がある厳選ブルーベリ―サプリメント(TOP)へ戻る