目が見える仕組みとブルーベリーの効果

私たちの目はどうやってモノを見ているのか?どうして疲れると視界がぼやけてしまうのか?などの疑問について解説。ブルーベリーが目に良い理由もわかります。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

目のメカニズム

目のメカニズム(イメージ)

目は人間が持つ高機能なカメラレンズ
物を「見る」メカニズムとは?

私たちは当たり前のように、目で物を見ています。けれど、どうして「見る」ことができるのかという仕組みについてまでは、ほとんどの人が知らないのではないでしょうか。

私たちが物を見る時は、眼球・網膜・視神経・大脳がはたらいており、それらが一つのビデオカメラのようになっていています。中でもピントの合ったクリアな映像を「見る」ために重要なのが、眼球です。では、もう少し詳しく目のメカニズムについてご紹介していきましょう。

ものが見えるメカニズム

目は、脳のフィルムに映像を写すカメラ

ものが見えるメカニズム(イメージ)
眼球と脳の関係は、ビデオカメラの構造と似ています

私たちが物を「見る」仕組みは、高性能のビデオカメラと考えるとわかりやすいかもしれません。

カメラのレンズである眼球を通して見た映像が、網膜と視神経を通して大脳のフィルムに映し出され、そこでようやく私たちは「見た」と認識するわけです。ですので、大脳のフィルムにピントの合ったクリアな映像を映し出すためには、レンズである眼球=目がとても大切になってくるのです。

ものが見えるメカニズム(イメージ)
レンズ代わりの「水晶体」を絞ってピントを合わせる

眼球にはレンズの役割をする「水晶体」と、ピントを合わせる役割をする「毛様体筋」があります。カメラでは複数のレンズが組み合わさって焦点を合わせますが、目は水晶体の一枚レンズ。映像の焦点を合わせるためには、屈折率を変える必要があります。

そこで、水晶体をぐるりと取り巻いている毛様体筋が、近くを見る時は縮んで水晶体を厚くし、逆に遠くを見る時は緩んで水晶体を薄くしてピントを合わせています。この一連の動作によって、クリアな映像が脳へ提供されるのです。

脳に視覚情報を伝える物質「ロドプシン」とは?

ものが見えるメカニズム(イメージ)
ロドプシンは分解と再合成を繰り返して脳に映像を送る

眼球というレンズに映し出された映像は網膜で信号化されて視神経を通り、大脳で再び画像化されます。この信号化された視覚情報を脳へ伝える役割をしているのが、「ロドプシン」というたんぱく質です。

ロドプシンは網膜に存在している成分で、レンズを通して映像(光の像)を受け取り、分解反応を起こすことで電気信号を発します。この電気信号を脳が受け取ることにより、脳内に映像が再現されるのです。新たな視覚情報を受け取るためには、再合成されなくてはなりません。疲れのない正常な目の状態では、網膜の中でロドプシンは順次再合成され、新しい視覚情報を脳に届けています。

目の疲れの原因は、ロドプシンの再合成の失速

このようにロドプシンは、分解と再合成を繰り返しています。本来であれば、何の問題もなく繰り返される行為ですが、パソコンや運転などで長時間目を酷使し続けてしまうと、再合成が間に合わないという状況になります。こうなってしまうと、脳へ視覚情報を伝達するはたらきが鈍くなり、目がショボつく・ぼやけるといった症状を起こしやすくなってしまいます。

ロドプシンを助ける栄養素「アントシアニン」

目がショボつく・視界がぼやけるなど、疲れ目の症状が現れているときは、ロドプシンの再合成が間に合っていない可能性があります。ブルーベリーの主成分である「アントシアニン」には、このロドプシンの再合成を助けるはたらきがあるのです。ロドプシンの再合成を活性化させることによって、疲れ目や夜盲症・網膜炎といった症状の改善が期待できるといわれています。

アントシアニンが多く含まれる食品

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング