目にいい食品と成分の紹介【納豆(ビタミンB2)】

納豆に含まれる目にいい成分「ビタミンB2」の効果を解説。一緒に摂りたい食品や、おすすめのサプリメントをご紹介します。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

目に優しい食品と成分

納豆

納豆 成分:ビタミンB2

納豆に多く含まれるビタミンB2は、目にいいといわれるビタミンの1つです。角膜や結膜など目の粘膜を保護してくれるビタミンB2は脂質の摂取が多い人ほど必要です。

ビタミンB2とは?

目や肌の粘膜を守るビタミンの優等生、ダイエットの味方です

ビタミンB2は水溶性のビタミンです。別名をリボフラビンといいます。糖代謝や脂質の代謝に必要不可欠なビタミンだと言われていて、特に脂肪を燃焼させてエネルギーとして代謝するサポートを行っています。
さらに、皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ作用もあります。健康な肌や髪を作る元になるので、ダイエットと美肌のためのビタミンとされ、特に女性が積極的に摂取したいビタミンのひとつです。

ビタミンB2が不足してくると、体内の脂質をエネルギーとして利用しにくくなり、余分な脂肪を溜め込んでしまうことになります。さらに、新しい粘膜細胞をどんどん作り出すことができなくなってくるため、口内炎や口角炎、舌の炎症が起きたり、目の角膜や結膜も荒れやすくなってしまうのです。

目への効果としては、眼球の表面や角膜、結膜の保護にビタミンB2が役立っており、不足すると、目の表面が炎症をおこしかねません。
また、ビタミンB2には、血液中の余分な老廃物や脂質などを除去する作用があるそうなので、目の周辺の血流を正常化することで、充血の改善も期待できます。

ビタミンB2は補酵素としてはたらき、身体に蓄えられた脂質やたんぱく質、糖質を分解してエネルギーに変えていきます。特に、脂質の代謝に使われることが多いので、油っこい食事が多い人ほどビタミンB2は必要です。
す。
不足してしまうと脂質は、どんどん溜まっていく一方です。ダイエット中の方は不足しないようにビタミンB2を摂るように心がけましょう。

食事に効果的に取り入れよう!

さまざまなビタミンを合わせて吸収アップ!納豆に薬味のネギは忘れずに

ビタミンB2はレバーやうなぎ、鯖や鰤などの魚類や納豆、乳製品の他、卵やナッツ類にも多く含まれており比較的摂りやすいビタミンです。
意外なようですが、海苔にもビタミンB2が多く含まれています。焼き海苔1枚は3g程度なので、ビタミンB2の量は少ないようですが、ビタミンB2たっぷりのチーズをはさんでダブルで使えば、ビタミンB2が効率よく摂れるおつまみになりますね。

ビタミンは相互に協力し合って体への吸収を高めたり、代謝機能を正常に維持しているため、複数のビタミンを組み合わせて摂るとより効果的です。
例えばレバニラ炒めにビタミンEたっぷりのゴマをかけると、各ビタミンが協力し合って効率よく摂取できるようになります。

しかし、ビタミンB2は豚肉や乳製品など、動物性のたんぱくに多く含まれているので、ベジタリアンや菜食にこだわっている方、食事の内容が偏っている人などは、不足してしまう場合があります。
そこでおすすめなのが、納豆。畑の肉とも称される大豆を原料に、納豆菌の作用でビタミンB2が作り出され、たっぷり蓄えられています。

納豆はビタミンB2が豊富ですが、ビタミンAやビタミンCが含まれていません。バランス良く摂って体への吸収率をアップさせるためには、不足している成分を補う必要があります。
昔から納豆の薬味として使われてきた刻みネギには、ビタミンAとCが含まれています。先人の知恵を感じる食べ合わせですね。

おすすめのサプリメント

ブルーベリーと一緒にビタミンB2を摂取できる、「目に優しい」サプリメントは?