目にいい食べ物と栄養素の紹介【大根の葉(ビタミンA、ビタミンC)】

大根の葉に含まれる目に良い成分「ビタミンA、ビタミンC」の効果を解説。より栄養価を高める調理のポイントや、おすすめのサプリメントをご紹介します。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

目に優しい食品と成分

大根の葉

大根の葉 成分:ビタミンA、C

大根は根が淡色野菜。葉が緑黄色野菜という2つの要素を持った野菜です。葉の部分は根よりもビタミンCが豊富なうえに、ビタミンAの前駆体(ビタミンAになる前の段階の物質)であるβ-カロテンが豊富です。

ビタミンAとは?

乾燥からもしっかり目を守る、目に必須のビタミンA

ビタミンAは別名レチノールとも呼ばれる、脂溶性のビタミン。目の機能維持、皮膚や粘膜の維持、抗酸化作用なども期待できると言われているビタミンです。

明るさや暗さを感じる目の網膜には、光受容体であるロドプシンという物質が含まれており、そのロドプシンが受け取った光を脳に伝えることで、私たちは「物を見た」と認知しています。
ビタミンAは、ロドプシンを構成する成分のひとつとされていますから、私たちの視覚機能にビタミンAが重要な役割を果たしているわけです。

角膜が乾いて傷が付いてしまうドライアイや、暗いところで物が見えにくくなる夜盲症などは、ビタミンAが不足することも原因のひとつといわれています。
目の機能を正常に維持するためにも、大事な栄養素のビタミンAは摂っておきたいですね。

ビタミンCとは?

白内障の予防や老眼にも効果を発揮するアンチエイジングビタミン

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種。強力な抗酸化物質で、免疫力を高めたり、ストレスを和らげるなど、体全体に効果をもたらすビタミンとして知られています。

目の健康に関する作用としては、水晶体の透明性を維持して、白内障を予防する効果が期待できます。
白内障は、活性酸素によって水晶体のタンパク質が変質して白く濁ってきてしまう病気ですが、ビタミンCの強い抗酸化力で、変質を阻止することができるのです。
ある研究では、1日に260㎎以上のビタミンCを摂取している人に、白内障の予防効果が得られたという報告があるそうです。
その他に、水晶体の硬化を防ぎ、老眼の発生を遅らせることも可能だといわれ、目に関してもアンチエイジングの効果が期待できます。

また、ビタミンCにはストレスを緩和するコラーゲンの生成を助けるはたらきや、抵抗力を高めるはたらきがあります。
ですから、過度のストレスがかかると、体内のビタミンCが大量に消費されてしまいますので、毎日の食事でしっかりと摂取し続けることが大切です。

食事に効果的に取り入れよう!

ビタミンAは油で吸収アップ。ビタミンCはスチームケースの時短調理で逃がさない

ビタミンAは、レバーやうなぎの他、緑黄色野菜にも多く含まれます。
油と一緒に調理すると吸収率がよくなるので、生野菜はドレッシングやマヨネーズで和えたり、大根の葉やほうれん草などは、油で炒めて調理するのが効果的です。

ビタミンCはブロッコリーやピーマンなどの野菜やイチゴやキウイフルーツなどの果物に多く含まれます。
その他、芋や豆類も効率よくビタミンCが摂れる食べ物です。特にジャガイモやサツマイモなどに含まれるビタミンCは、デンプンに守られているので熱を加えても壊れにくいとされています。

水溶性のビタミンCは、鍋で茹でると栄養が溶け出してしまい、野菜中のビタミンCの量が低下してしまいます。
そこでおすすめなのがスチームケースの利用です。スチームケースに入れて電子レンジ調理をすれば、ビタミンCの損失量も最小限に抑えられます。大事な栄養を保持できる手軽でおすすめの調理法です。
また、汁まで全部食べることができる鍋物やスープは、栄養を逃がさない有効な調理法です。

おすすめのサプリメント

ブルーベリーと一緒にビタミンA、Cを摂取できる、「目に優しい」サプリメントは?