目に良い食べ物とサプリメントの紹介【アロニア(アントシアニン)】

アロニアに含まれる目に良い成分「アントシアニン」の効果を解説。より効果を高める調理のポイントや、おすすめのサプリメントをご紹介します。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

目に優しい食品と成分

アロニア

アロニア 成分:アントシアニン

アロニアは、北米原産のベリー系の小果樹のことです。アントシアニンを大量に含むのが特徴です。生の果実は渋味が強いですが、良質のアントシアニンが豊富です

アントシアニンとは?

目に嬉しい効果のアントシアニン、毎日摂って疲れ目を予防

アントシアニンは、青紫色の色素成分でポリフェノールの一種。人間でいうところのメラニンのような働きをしていて、植物が紫外線のダメージから身を守るために作りだす色素です。
強い抗酸化作用を持ち、老化を促す活性酸素から細胞を守るはたらきがあるといわれています。

アントシアニンは、視覚機能に関係する物質の再合成をサポートする働きがあると言われ、特に目に対する健康効果に注目が集まっています。
目の網膜には、ロドプシンという紫色のタンパク質が存在していて、光を感じると電気信号を発しながら分解される性質があります。その電気信号が脳に伝わり、“目が見える”と認識するわけです。
一度分解されたロドプシンは、再び合成されて何度も光情報を受け取ることができますが、パソコン作業などで目を酷使すると、ロドプシンの活性が弱まって、合成が間に合わなくなってしまうそう。
そんなとき、アントシアニンを摂取しておくと、ロドプシンの再合成をサポートして、視覚機能をアップさせることができるのです。

アロニアに含まれるアントシアニンは、このロドプシンという物質の合成を促進する作用があります。そのため、眼精疲労の予防や改善効果、視力の維持などの効果があるとされているわけですね。
アントシアニンの作用は即効性があるので、摂取後すぐにロドプシンの合成が行われて目の機能が回復していきます。
しかし、その効果はほぼ1日で消失されるとされています。目の為には、必要な量のアントシアニンを毎日摂る必要があります。

食事に効果的に取り入れよう!

美味しそうに見えるけど・・生アロニアは渋くて苦い

アントシアニンは、アロニアやブルーベリーを代表とするベリー類に豊富に含まれています。
ブルーベリーは、生でまるごと食べて無駄なく栄養を摂る事ができます。ブルーベリーの中でも、北欧原産のビルベリーという種類が最も多くアントシアニンが含まれていると言われています。
それは、ビルベリーが白夜の国で育つため、長い時間紫外線にさらされて、アントシアニンが豊富に蓄えられているからです。

しかしアロニアは、見た目はブルーベリーとよく似ていますが果皮が固く、ブルーベリーよりも高濃度のポリフェノールを含んでいるため、強烈な渋みがあって生食には向きません。
日本では1970年代にロシアから持ち込まれ、東北地方の一部で栽培されています。高い抗酸化力や眼精疲労の改善効果などを活かし、ジャムやジュース、サプリメントなどの加工品としても販売されています。

アントシアニンはその他に、茄子や紫玉ねぎ、紫キャベツ、黒豆にも含まれています。
お正月のおせちの定番である黒豆ですが、煮豆にすると大事な成分が煮汁に溶け出してしまいます。大事な成分がいっぱい入った煮汁も上手に活用しましょう。
黒豆煮の甘い煮汁はプレーンヨーグルトのソース代わりにもなります。煮汁にレモンを加えて水で割れば、黒豆ジュースになります。アントシアニンとビタミンCでより効果的に摂ることができます。

おすすめのサプリメント

アントシアニンたっぷりな、アロニアエキスを摂取できる「目に優しい」サプリメントは?