眼精疲労の症状ってどんなもの?どんな対策をするべき?

眼精疲労とはいったいどんな症状なのか。原因や対策方法とともにご紹介します。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

目が重いと感じたら眼精疲労の症状

ただの目の疲れと甘く見てはダメ!

長時間のパソコンやスマホ使用など、現代人は目の疲れと常に戦っています。この目の疲れをただの疲労だと放っておくことは危険です。目が痛くなったり、目の前がかすんだりしていませんか。寝ても休んでも目が疲れて重いままなのであれば、それは「眼精疲労」かもしれません。

眼精疲労は目だけでなく、体のさまざまな部分に悪影響を及ぼすこともある危ない症状です。どんな原因や対策方法があるのか、順にお伝えいたします。

眼精疲労

眼精疲労の症状ってどんなもの?

眼精疲労とは?

眼精疲労とは、いわゆる目の疲れが重症になってしまったもの。目を酷使する仕事や長時間のテレビ、スマホ、パソコンの視聴などさまざまな原因があげられ、現代人にとっても見過ごせない症状といえます。具体的な症状としては目が重い、目の前がかすむ、人一倍まぶしく感じるなど、ちょっとした疲労のようなものから、目が痛くなる、充血してしまうなどの重い症状まであります。

目の症状だけにとどまらない眼精疲労の症状

眼精疲労ときくと、目だけの症状のように思えるかもしれません。しかしながら、眼精疲労の症状は目に関するものだけではありません。注意しておきたいのは、眼精疲労が体全体に悪影響を及ぼしてしまうということ。たとえば、眼精疲労が原因で頭痛や肩こりに悩まされたり、症状のひどい人では吐き気を催してしまったりする人もいます。目の疲れだけではなく、体全体の症状につながってしまうところが、眼精疲労の恐ろしいところでもあるのです。

眼精疲労を引き起こすさまざまな原因

目を酷使していないか?

眼精疲労はその名の通り、目の疲れが原因となって引き起こされるものです。パソコンやスマホの長時間使用はもちろんなのですが、度の合わない眼鏡やコンタクト、老眼鏡を利用しているのも目に無理をさせている原因の一つ。ほかにも年配の方が老眼になった際、以前と同じように物を見ようとして無理をしたり、緑内障や白内障などになった人が無理して目を使用しようとしたりするといった行為も負担になります。目に少しでも無理をさせているなと感じる場合、それは眼精疲労の原因になりえるのです。

心や体の健康からも引き起こされる

眼精疲労は体全体に悪影響を及ぼすことを述べましたが、逆もまたしかりです。体や心の不調が眼精疲労を引き起こすこともあります。たとえば、新しい仕事を始めたり、引っ越したりと環境が変わる際に抱えてしまうストレスや不安、あるいは仕事が忙しくてイライラしてしまい精神が不安定になってしまうことがあると、そのストレスから体調を崩してしまうこともあるでしょう。眼精疲労はそうしたストレスや不安から起こる症状の一つとしても考えられているのです。

眼精疲労ってどうしたら治るの?

思い当たるふしがあればすぐに改善しよう

眼精疲労は精神的なものや日々の生活からくるものだけではなく、単純に眼鏡やコンタクト、老眼鏡の度が合っていない、病気を併発しているなどのことも多くあります。思い当たるふしがある人は、より重い症状になる前に、すぐに対策をしましょう。使っている視力矯正器具を自分に合ったものに変える、目の病状を眼科で改善してもらうなどがあげられます。できるだけ早く処置を施すことで軽い症状に留めたり、病気が悪化するのを防いだりすることが可能です。

栄養を補給しながら生活改善をはかる

日々の生活やストレスに原因がある場合は、生活改善から始める必要があります。パソコンやスマホの長時間使用が原因なのであれば、短くするようにしましょう。仕事で仕方のない場合は、少しずつ目を休ませながら作業するようにしてください。ストレスが原因であることもあるので、日々の生活でストレスを解消できるような趣味などを見つけるのも良いでしょう。心身ともに健康でいることが大切です。また、目に良い食べ物やサプリメントを摂取するなど、食生活の面からも少しずつ改善してくことが大切です。