年代別に知っておきたい目の悩みや病気とは?

年齢を重ねるごとに変わっていく目の悩みや病気を年代別に解説します。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

年代別に知っておきたい目の悩みや病気について

目の病気って 年代ごとに違うの?

私たちは毎日目を使い、さまざまなものを見ています。つまり、目の悩みや病気はどの年代にも起こり得るものです。

年を重ねたときの老眼だけではなく、赤ちゃんの目や多感な10代の目、働き盛りの20~30代の目にもありえること。だからこそ、年代ごとに注意しておきたいことがあります。ここでは年代ごとにどんな目の悩みや病気があるかをご紹介します。

年齢を重ねることによる目の変化

20~30代で決まる目の健康維持

10代までの目の健康を維持している人も多い

20代や30代では、「目の悩みなんてない」という人も多いはず。多少視力が悪くても、眼鏡やコンタクトレンズでカバーできている方がほとんどだと思います。まだまだ若いパワーが残っていて、視力の健康維持には困っていない人も多いです。

定期検診を受けて健康をキープしよう

あまり悩みがないからといって、そのままにしておくのは禁物です。深刻な病気になる前に、定期的に検診を受けておく必要があるでしょう。特に現代は、終日パソコンやスマホを見て過ごす人も多いもの。目の病気や著しい視力低下のきっかけになりえるものが、周りにあふれています。目の健康を維持するためにも、定期的に検診に通う、突然の不調を感じたらすぐに眼科で診てもらうなど、ケアを怠らないようにすることが重要です。

40~50代は目の筋肉の衰えが気になる

老眼発生?目が衰えていく時期

年齢を重ねれば仕方がないことなのですが、徐々に目の筋肉も衰えてくることがあります。具体的には色別が少し難しくなってしまったり、焦点を合わせにくくなったりすることがあげられるでしょう。これは普段の生活が原因というよりは、どうしても自然に発生してしまうもの。いわゆる老眼の始まりなのです。眼鏡やコンタクトを利用して、生活に支障がないようにしましょう。

規則正しい生活と目の病気の知識を増やすことが大切

老眼は自然なことであり、治すというよりは上手に付き合っていくことが大切です。眼鏡やコンタクト、あるいはレーザー手術など、自分に合わせた対策をとりましょう。また、老眼でわかりづらくなってしまう目の病気の症状にも注意が必要です。老眼だけではすまなくなる可能性もあるので、定期検診に行ったり、眼科の先生に相談したりなどして目の病気についての知識を深めておきましょう。病気の兆候が見えたらすぐに対策できるようにしておくと、悩みも軽減されます。

そのほか、目の健康維持には規則正しい生活が大切です。適切な栄養を摂り、適度に運動をすることで目以外の体の健康維持にも役立つことでしょう。

60代で気をつけたい目の病気

老化による避けられない変化

40代頃から徐々に老眼などの変化があると述べましたが、年齢を重ねていく際に注意しておくべきなのは老眼だけではありません。加齢が進めば進むほど、目の病気にかかりやすくなってしまいます。たとえば白内障や緑内障は、目の周りが衰えてきたことにより起こりやすくなる病気といわれています。

目に良いことだけではなく体に良いことを

加齢による目の病気にはほかにも、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などがあげられます。糖尿病や静脈の詰まりなどから生じるものもあるため、目にだけ注意を傾けるのではなく、体全体を健康に維持する方法を考えるのがおすすめです。そのためにも規則正しい生活を心がけ、日々の生活のなかで目や体に良い栄養分を摂取するようにしましょう。また、目に関連する病気は早く発見すればするほど治りやすいものが多いです。おかしいと感じたら、すぐに眼科に行くなどの処置をとりましょう。