サプリメントの効果をあげる“正しい”目の基礎知識

物を見るメカニズムや目にいい成分を知って、サプリメント選びをスマートに。目に良い食べ物や、眼精疲労に効くツボなど疲れ目ケアもご紹介。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

根本を知ってさらにサプリメントの効果UP 目の健康のメカニズム

目の健康のために本当に必要なものは? 正しい知識が効果アップのヒント

加齢や長時間のパソコン・スマホ使用などで、目のかすみ・ぼやけなど、眼精疲労の症状にお悩みの方は非常に多いです。体の部位の中でも特に悩みが多いのが「目」だと、厚生労働省による調査からも分かっています。

このカテゴリでは、サプリで疲れを改善しようと考えている方へ、サプリを飲む前に知っておくと効果アップのヒントとなる情報を載せています。例えば、目に関するメカニズムや目に良い・悪い食べ物、目の病気、年代別の症状など、目の健康の改善を意識している方には欠かせない情報を紹介しているので、ぜひサプリを飲む前に参考にしてください。

目に関する知識を身に付けた方は、目の悩みに対する次のアプローチ、つまり改善のための行動をしていくことが大切です。そのための一つの方法として、ブルーベリーから取れるアントシアニンなどの目に良い成分を配合しているサプリがオススメです。

当サイトでは目に疲れを感じる方におすすめのブルーベリーサプリを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

目のメカニズム

私たちの目はどうやって「見て」いるのかを知ろう!

普段、色々なものを見ている私たちの目。しかし、その「見る」仕組みを知っている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、そんな私たちの目がどうやってものを「見て」いるのか、そのメカニズムについて紹介していきます。

私たちの目は、カメラとほぼ同じ仕組みになっています。眼球はカメラのレンズ、網膜がセンサーで、視神経でつながっている脳がフィルムです。眼球にある筋肉を使って水晶体を伸ばしたり縮めたりしてピントを合わせ、画像を網膜のセンサーで感知して信号に変換し、脳へと送ります。その刺激を脳で再び画像へ変換し、見えたと認識できるわけです。

目のメカニズム(イメージ)

詳しく見る

目の常識・非常識

意外と勘違いもある!?目に関する常識・非常識とは?

「近眼の人は老眼にならない」など、よく聞くことが多い、目に関するウワサ。
例えば、「遠くを見ると目が良くなるのはホント?」や、「教室の後ろの席になると目が良くなるってホント?」など、私たちが日常的に耳にする、目に関するウワサをまとめて、真偽のほどを調査してみました。目にイイと考えられてきたことは、本当に正しいのでしょうか。その中には、間違っているものもあるようなので、安易に実践するのは考えものです。

基本的には、目への刺激や負担になる行為を避けることが、目を守るために最も重要なことです。ほかにも、目を良くする正しいトレーニング法を紹介していますので、参考にしてください。

目の常識・非常識(イメージ)

詳しく見る

目に優しい食品と成分

目の健康をサポートするおすすめの食品とは?

目の疲労を改善するために、自分でも手軽にできる予防法として真っ先に挙げられるのが、目に良い成分を食事やサプリメントで摂取することです。

眼精疲労の改善や視力アップなど、目に良い作用をもたらす食品として最も有名なのはブルーベリー。そのほかにも、納豆やケール、ニンジンや落花生、青魚など、目の健康をサポートする効果の高い、おすすめの食品や成分をご紹介しています。多くは、抗酸化作用を持つ色素やビタミン類が多く含まれているものです。

これらの食品に含まれている有効成分をチェックして、自分オリジナルの「視覚機能アップメニュー」をアレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?

目に優しい食品と成分(イメージ)

詳しく見る

目に悪い食品と成分

糖分、酸性食品、乳製品の食べ方には気をつける

ブルーベリーやビルベリーなど目に良い食べ物、サプリメントのことは知っていても、目に悪い食べ物のことは意識したことがないという方は多いのではないでしょうか。サプリメントを摂る前に、まずは自分の食生活を見直しマイナスとなる点がないかどうかを確かめてみましょう。

目に悪い影響を与えるものとして、まずは糖分が多い食べ物があります。お菓子や甘いジュース、インスタント食品などはカルシウムとビタミンB1を減少させ、視力低下、視神経炎などの原因となります。肉類、卵黄、ビールなどをはじめとする酸性食品も、目によくない食べ物のひとつです。これらを摂りすぎてしまうと角膜の機能の弱体化や、老眼、疲れ目の症状が出てきます。また、乳製品を食べ過ぎることも避けましょう。乳製品に含まれる乳糖という成分は、白内障を引き起こす可能性があります。

詳しく見る

年齢で変わる?年代別の目の悩み

年代によって違う、かかりやすい目の病気とは

年齢によって、起こりうる目のトラブルは異なってきます。子どもや若年層であれば、ドライアイやスマホ老眼、近視、目の疲れなどがあるでしょう。仕事柄毎日パソコンを見なくてはならない方や、普段よくスマートフォンを触る方だと、これらを発症するリスクも高まります。

40~50代になると、緑内障や老眼、加齢黄班変性、飛蚊症などに注意が必要です。糖尿病にかかっている場合、糖尿病網膜症になる可能性もあります。そして、60代を超え高齢になってくると、上記の病気のほか白内障にも気をつけなくてはなりません。進行することで日常生活に支障をきたすほど重症化することもあるため、おかしいと思ったら早めに医師にかかるようにしてください。

詳しく見る

目が重いと感じたら眼精疲労の症状

休養してもとれない目の疲れは眼精疲労を疑おう

どんなに睡眠や休憩をとっても、落ち着かない目の疲れ。もしかしたら眼精疲労かもしれません。単に目を使いすぎただけと放っておくと、症状が悪化する可能性や、別の病気が隠されたまま進行してしまうリスクもあるため注意が必要です。

代表的な眼精疲労の症状には、眼痛やかすみ目、視力の低下、充血、まぶたの痙攣、まぶしさを感じることのほかに、頭痛、吐き気、肩こりなどがあります。これらは、度数の合わないコンタクトレンズやメガネ、ドライアイ、身体の病気、ストレスが引き金となって起こることも。

休養してもなかなか症状が治まらない場合は眼精疲労を疑い、あまりにひどいときにはきちんと医師にかかるようにしましょう。

詳しく見る

何かおかしい?目の病気とその症状

目の病気は重症化する前に受診することが大切

わたしたちは多くの情報を目から得ており、仮に視力に障害が出てしまうとたくさんのストレスを感じてしまいます。ものを見ていて「どこか変だ」と感じたら、病気の早期発見のためにもためらわずに眼科を受診するようにしましょう。

たとえば、かすんでものが見えたり、光がまぶしく感じられたりと言った症状がある場合、白内障にかかっているかもしれません。これは目の中の水晶体が加齢とともに白く濁るために起こります。本来水晶体は透明で、光を通しレンズの役割を果たしていますが、濁りが生じてしまうとうまく光が集まらず、ピントを合わせるのが困難になってしまうのです。

何もいないのに虫が飛んでいるように見える、視界に黒い点が見えるという方は飛蚊症の可能性があります。どちらも放っておくと重症化するする病気のため、十分注意しましょう。

詳しく見る