どれだけ知ってる?ブルーベリーの種類

ブルーベリーの品種はゆうに150種類を超えます。ここでは3つの系統とおもな品種を紹介。特徴がそれぞれ異なるため、自分好みのものを探して楽しみましょう。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

ブルーベリーの品種紹介

ブルーベリーの代表的な効能(イメージ)

自分好みのブルーベリーを見つけよう!系統別にさまざまな品種をご紹介

ブルーベリーにはなんと150種類以上の品種があります。ここでは3つの系統ごとに、代表的な品種をご紹介します。それぞれ味の特徴や実の形が異なりますので、自分好みのブルーベリーを探してみてはいかがでしょうか。

鮮やかな彩りが魅力的なラビットアイ系

熟す前の色がウサギの赤い目に似ていることから名付けられたラビットアイ。緑色から赤色に変わり、その後青色へと鮮やかに変化します。少し皮が硬いといわれていますが、甘味が強く加工品向きの品種です。

ティフブルー

ブルーベリーの中でもトップクラスの糖度を誇る品種です。酸味とのバランスが良く、生食だけでなく加工にも向いています。6月末~8月中旬頃まで収穫が可能なので、長い間楽しむことができます。

ディライト

丸い大粒の果実で、甘味や風味が濃いという特徴があるディライト。果肉が引き締まっていて硬く、風味がとても豊かなので生食向きです。9月中旬頃と遅い時期まで収穫できるので、他のブルーベリーが味わえない期間も生食で楽しむことができます。

ブライトウェル

皮が薄く青々とした実が特徴。中~大粒で、実付きが良くたくさん採れる品種です。甘味が強く酸味は少なめなので、早摘みでも美味しく食べられます。丈夫で育てやすいことから、家庭菜園向きといえるでしょう。

フロリダローズ

ブルーベリーの中では珍しく、完熟した果実が鮮やかなコーラルピンク色をしています。爽やかな甘さの果実は酸味がほとんどなく、食べやすいのが特徴。

パウダーブルー

ラビットアイ系のなかでも収穫量が多いのが特徴。実が硬くて傷がつきにくく、育てやすい品種。熟す前は酸味が目立つものの、熟した果実は甘味と酸味のバランスがとれています。

寒冷に強いノーザンハイブッシュ系

ノーザンハイブッシュ系は、粒が大きく青味がかっているのが特徴です。甘みと酸味のバランスも良い上に果肉がしっかりしたものも多いため、生で食べるのに向いています。

バークレー

ノーザンハイブッシュ系の中では果実が甘めで酸味が少ないことから、生食に向いています。実はアーモンドのような形で、少し硬め。たくさんとれて育てやすい品種ですが、熟すと実が落ちやすいので市場に出回らないことがあります。

ブルーレイ

甘味と酸味のバランスが取れて、非常に美味しいと評判の品種です。ブルーベリーの中でも人気が高いブルーレイは、ノーザンハイブッシュ系の中でも大粒で硬め。実がなりたてのころは酸味が強いため、熟してから食べるのがおすすめです。

ブルークロップ

ブルーレイの兄弟品種で、米国のブルーベリー産業の主力。ほど良い酸味が人気で、香りや風味が良いのが特徴です。果肉は硬めですが、ノーザンハイブッシュ系特有の大粒で青々とした実をつけます。耐病・耐寒性に優れている品種なので、寒い地域でも育てられます。

チャンドラー

果実の大きさがブルーベリーの中でも最大級のチャンドラーの直径は、なんと500円玉と同じくらい。大粒のブルーベリーを味わいたいならチャンドラーがおすすめです。甘味と酸味のバランスが取れているので、生食にもジャムにも向いています。

エリオット

硬くてややアーモンドのような形の小粒な実が特徴。ノーザンハイブッシュ系のなかでは珍しく酸味が強くて保存性が高い品種です。生食でも美味しいですが、酸味が目立つのでジャムに向いています。

温暖地向けに改良されたサザンハイブッシュ系

サザンハイブッシュ系は、ノーザンハイブッシュ系を品種改良して温暖地での栽培を可能にしたもの。果実はノーザンハイブッシュ系よりやや小粒ですが、粒の色や味わいは深みとコクがあり、人気が高いようです。

サンシャインブルー

ブルーベリーの中では珍しいピンク色の花が咲く品種です。粒の大きさは中程度ですが、甘味・風味ともにブルーベリーの中でもトップクラスで、熟した実は非常にジューシーで食べごたえ◎。

ミスティー

甘酸っぱく風味も良いため生食向きですが、コクのある酸味は好みがはっきり分かれます。果実の大きさは中くらいで粒ぞろいが良い品種です。栽培が難しく、家庭菜園にはあまり向いていません。

フロリダスター

果実の額が星型になっているのが特徴。強い甘味の中にほどよい酸味があるフロリダスターは味が非常に良いので、ブルーベリーの中でも人気が高い品種です。ただし、アメリカの特許品種なので、日本国内で栽培する場合には契約が必要になります。

オニール

梅雨前の5月下旬が収穫時期のオニール。見た目・味・香りの三拍子が揃っているサザンハイブッシュ系の中でも1、2を誇る人気品種です。中~大粒で見た目が美しく、口に入れると豊かな香りとすっきりした甘さが広がります。

リベイル

小粒ながら品のある甘味が特徴。粒ごとに当たり外れが少ないので、均一な美味しさを楽しめます。コクと深みが感じられる味は、ブルーベリーの中でも最高級と言えるでしょう。雨で傷がつきやすいため、栽培には注意が必要です。

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング