ブルーベリーの栄養素と効果とは?

ブルーベリーが疲れ目に良い理由や、他のさまざまな効能についてもご紹介。正しい知識を身につけてブルーベリーサプリメントを有効活用しましょう。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

ブルーベリーの栄養素と効果

ブルーベリーの栄養学(イメージ)

ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンの効能とは?

近年、健康食品として注目されるようになったブルーベリー。手軽に摂取できるうえ、さまざまなメリットを得られます。ブルーベリーに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、主に視力回復や眼精疲労を和らげる効果があります。さらに老化防止や便秘予防にも効果的。そのほかにもこれまであまり知られてこなかったブルーベリーのスゴさをまとめていますので、ぜひご覧ください。

ブルーベリーの栄養素にはどんな効果がある?

眼精疲労を和らげるだけでなく老化防止にも効果あり!!

ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンには眼精疲労を和らげる効能を持っています。アントシアニンには、眼の網膜にあるロドプシンというたんぱく質の再合成を促す働きがあり、これが、眼精疲労の回復につながるのです。ブルーベリーはアントシアニン以外にも、ミネラル・食物繊維・ビタミンAなどの栄養素が含まれ、老化防止や便秘予防などの効果が期待できます。これほどの効果があるにもかかわらず、低カロリーなのも嬉しいですね。

豊富な栄養素とその効果とは

眼精疲労を和らげるアントシアニン

近年健康食品として注目されているブルーベリーですが、よく耳にするのが眼精疲労・視力回復などの目に対する効果です。ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンという成分には、網膜にあるロドプシン(たんぱく質の一種)を再合成させる効果があります。ロドプシンの原料となるビタミンAも多く含まれているので相乗効果も期待できます。

若さを保つ!抗酸化パワーの強いビタミンが豊富

ブルーベリーには数多くのビタミンを含んでいますが、特に抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンCが多く含まれています。さらに、アントシアニンやマンガンなどの強い抗酸化作用がある栄養素も含まれているブルーベリーは、優れたアンチエイジング食材として老化防止にとても効果的です。

ベリー系果物の中でもミネラルが多く含まれている

ブルーベリーには他のベリー系の果物に比べて、亜鉛やマンガンなどのミネラルが豊富に含まれています。亜鉛は血液の中に存在し、不足すると味覚異常・発育不良・性腺機能低下などを引き起こします。また、抗酸化作用もあるマンガンが不足すると、骨の形成・血液凝固・皮膚の代謝・糖質脂質の代謝などを正常に行うことができません。ブルーベリーは不足している亜鉛やマンガンを補給することができるため、これらの症状を予防・改善するのに非常に適した食材です。

意外!食物繊維が多い

ブルーベリーは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を多く含み、便秘の予防・改善にも適した食材であると言われています。食物繊維の含有量はバナナのおよそ2倍。含まれる食物繊維は熱を加えたり皮をむいたりすることで損なわれてしまいますが、ブルーベリーは生のまま皮ごと食べられるため、効率良く成分を摂取できます。ちなみにドライブルーベリーは、ブルーベリーの実よりもさらに食物繊維が多く含まれているため便秘がちな人にはこちらがおすすめです。

ブルーベリーは実だけじゃない?葉にも栄養素がたくさん

ブルーベリーの葉にはミネラル分・タンパク質・脂質・食物繊維などのさまざまな栄養素が含まれています。中でもプロアントシアニジン、クロロゲン酸を含むポリフェノールの含有量は非常に多く、その総量はブルーベリーの実に含まれるポリフェノール量を遥かに上回るという研究結果がでているほど。ポリフェノールは抗酸化活性・がん細胞増殖抑制活性・C型肝炎ウイルス複製抑制活性・抗脂肪肝作用・血圧上昇抑制などにとても効果的です。

ブルーベリーの葉から作るお茶の効能

近年はブルーベリーの葉を炒った茶葉も発売されていますが、葉さえあればブルーベリーのお茶は簡単に作れてしまうのです。作り方は簡単。20枚ほどの葉を水洗いし、600wの電子レンジで約1分加熱します。その後、フライパンで2~3分中火で乾煎りし、煎っ葉を細かく砕きます。お好みでブルーベリーの実と一緒に5分程煮出せば完成です。ブルーベリーで作ったお茶にはポリフェノールが多く含まれており、抗酸化作用=老化防止作用が期待できます。

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング