ブルーベリーが遠視の症状を軽減させる

このページでは、ブルーベリーが遠視にどのように働きかけるのか、具体的に解説します。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

ブルーベリーの遠視の改善効能とは?

遠視の改善にも効果的?
ブルーベリーに秘められたパワーとは

遠視とは、近くのものも遠くのものも見えにくくなる症状のこと。見えにくくなるだけでなく、遠近どちらに焦点を合わせるにしても目に負担がかかることから、遠視の人は目が疲れやすくなると言われています。 「目に良い」とされるブルーベリーは、近視や老眼だけでなく、遠視の改善にも効果的と考えられています。ここでは、遠視とブルーベリーとの関係について詳しく見ていきましょう。

ブルーベリーの力が遠視の一時的な悪化を抑える

遠視とは

遠視とは、遠くのモノを見るときにも近くのモノを見るときにも、ピントを合わせにくくなる症状のこと。具体的には、遠くのモノを見るときはわずかな調整でピントを合わせることができるのですが、近くのモノを見るときには強く調整しなければピントを合わせづらくなる症状のことです。近くのモノを見るときのピント調整に時間がかかるので、中には老眼と混同する人もいるようですが、両者の原因はまったく別なので区別しなければなりません。

遠視は、子供にも大人にも見られる症状ですが、特に子供の遠視には注意が必要です。絶えずピント調整が必要となるため、眼精疲労から物事(勉強など)に集中できない可能性があるからです。子供の遠視が発覚した場合には、速やかに眼科で矯正処置をしてもらうにしましょう。なお、子供の頃に強度の遠視を患っている場合、矯正せずに放置していると、将来、視力が発達せずに弱視となります。

ブルーベリーは遠視を治してくれるの?

ブルーベリーを食べることによって、遠視が治るということはありません。遠視というメカニズムをブルーベリーが変えることはできないからです。 では、遠視のお子様に対してブルーベリーを与えることは、無駄なことなのでしょうか? いえ、そんなことはありません。ブルーベリーには遠視を治す力はなくても、一時的な遠視の悪化を改善させる働きがあるからです。

遠視という症状は、常に一定ではありません。その日の目の調子や疲れ具合によって、症状は良くなったりも悪くなったりもします。近視の人は、「その日の調子によって視力がまったく違う」という経験を多くしていると思いますが、遠視においても同様です。

症状が一時的に良くなる分には問題ありませんが、症状が一時的に悪くなるようならば問題です。遠視の症状を一時的に悪化させる最大の原因は、目の疲れ。遠くを見るにしても近くを見るにしても、常にピント調整を必要とするのが遠視ですから、遠視の人の目には疲労を蓄積しやすくなります。加えて、昨今はパソコンやスマホを大前提とした世の中になっているため、それらの画面から発せられるブルーライトによって、目は著しく疲労しています。これら各種の疲労が原因となって、遠視の症状は一時的に悪化してしまうのです。

そこで活用したいのがブルーベリー。昔から知られたことですが、ブルーベリーには目の疲労を解消してくれる働きがあります。目の疲労が解消されれば、遠視を治すことはできないにしても、一時的な遠視の悪化を解消することはできるでしょう。遠視のお子様にブルーベリーを与えることは、決して無駄ではないのです。

ブルーベリーが目の疲労を取る仕組み?

私たちは、目の前の映像を電気信号に変えて視神経に送ることで「見える」という状態を実現しています。そして、映像を電気信号に変える際に不可欠となるのが、網膜の中にあるロドプシンという物質です。 ロドプシンには、目から入ってきた映像情報を電気信号に変えて視神経に送り込む働きがあります。送り込んだ後、みずからの再合成を経て、再び次の映像情報を電気信号に変えて視神経に送り込みます。ひたすらこの同じ作業を繰り返しているのが、ロドプシンです。

ところがパソコンやスマホなどで目が酷使されると、ロドプシンの再合成のペースが乱れてしまい、視神経に正確な電気信号を届けることができなくなります。この状態が「疲れ目」です。結果、「疲れ目」を原因とした遠視の一時的な悪化につながってしまうのです。

ここで力強い働きをするのがブルーベリー。具体的には、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分です。 アントシアニンとはポリフェノールの一種で、ブルーベリーの色素成分のこと。ブルーベリーを摂取することで、このアントシアニンが眼球へと入り込み、ロドプシンの再合成を促進。速やかに「疲れ目」を解消してくれます。その結果、遠視の一時的な悪化が解消される、というわけです。

アントシアニンの血行改善作用や抗酸化作用にも注目

アントシアニンには、他にも大事な2つの働きがあります。1つめが毛細血管を強くして眼球周辺の血行を改善させる働き、2つめが細胞や血液の酸化を抑える強い抗酸化作用です。 遠視を一時的に悪化させる原因の一つに、眼球および眼球周辺の血行不良が挙げられます。アントシアニンの血行改善作用で、遠視の一時的な悪化を緩和させる可能性があるでしょう。

また、アントシアニンは強い抗酸化作用を持つ成分としても有名。抗酸化作用によって血液や眼球周辺の細胞が守られれば、遠視の悪化を抑制する効果も期待できます。

ブルーベリーサプリを毎日の習慣に

以上、遠視とブルーベリーとの関係について詳しく見てきました。 ブルーベリーを食べることによって、遠視を完治させることはできません。しかしながら、アントシアニンが持つ「ロドプシンの再合成を促進する働き」「眼球周辺の血行を改善させる働き」「強い抗酸化作用で細胞を守る働き」の3つの働きが、遠視の悪化に力強く抵抗してくれることは確かです。遠視でお困りの方は、ぜひブルーベリーの摂取を習慣化してみることをおすすめします。

ただし、ブルーベリーそのものを毎日の食卓に置くことは、コスト面でも手間の面でも現実的ではありません。ブルーベリーの摂取を習慣にしたい人は、よりリーズナブルかつ手軽なサプリメントを利用してみると良いでしょう。