ブルーベリーで便秘を改善

お腹が張ってつらい便秘の改善に効果のあるブルーベリー。症状の原因や効果のメカニズムについてわかりやすく解説します。

ブルーベリーサプリ No1.目利きナビ :一番”目に効く”ブルーベリーサプリメントはどれ?(ロゴ)

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング

ブルーベリーの代表的な効能

便秘の改善
宿便/腸の痛み、不快感/肌荒れ

ぽっこりお腹や、ブツブツ肌荒れ、
つらい便秘は、ブルーベリーですっきり改善!

便秘の改善には、食物繊維が欠かせません。野菜や果物に含まれる不溶性食物繊維と海藻やこんにゃくに含まれる水溶性食物繊維、どちらも大事な作用があります。2種類の食物繊維の特徴を知り、バランス良く摂取しましょう。

便秘を改善するブルーベリーの成分

便秘改善には、ただ単に食物繊維をとるだけではダメ!?

食物繊維には役割が違う2種類がある

便秘の改善を考える上で欠かせないのは、なんといっても食物繊維ですよね。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、それぞれに違う役割を持っています。

食物繊維を含む食物といってイメージするのは、ごぼうやさつまいもなど繊維の多い野菜や果物ではないでしょうか。これらは水に溶けないという意味で、「不溶性食物繊維」に分類されるもので、胃で消化されにくいという特徴があります。そのため繊維が腸まで届いて便の量を増やし、腸を刺激する役割があります。宿便を押し流して、デトックス効果があるのも特徴です。

一方、「水溶性食物繊維」はこんにゃくや海草などに多く含まれており、親水性があって水を多く含みやすい性質を持っています。水を含むとゲル状に変化し、腸をコーティングしてくれるので、過剰に摂取してしまったコレステロールや糖質が吸収されるのを抑えるはたらきを持っています。ほかにも、固くなった便をやわらかくする役割を担うほか、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。

「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つの食物繊維は、それぞれ異なった役割を担っており、どちらかが欠けても便秘改善や健康を保つ効果は半減してしまいます。2種類をバランスよく摂ることがポイントです。

ブルーベリーに含まれる食物繊維は、なんとバナナの2.5倍

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をとり入れることができる

ブルーベリーは、目に良いというイメージが強いフルーツですが、食物繊維も豊富に含まれています。

バナナやイチゴやキウイなど、便秘を解消するのに効果があるといわれる果物の中でも、ブルーベリーは、食物繊維の量がとても多いと言われています。同じく食物繊維の含有量が豊富だとされているバナナと比べると、ブルーベリーはなんとその約2.5倍。小さな可愛い粒の中に、からだに嬉しい栄養分がぎっしりと凝縮されていることが分かります。

さらに、ブルーベリーは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維という2種類の食物繊維を両方とも含んでいます。
この2つをバランスよく摂ることができると、便秘の改善はもちろんのこと、美肌やダイエットなどの美容面でも大きな効果をもたらしてくれます。
美容にも健康にも役立つなんて、ブルーベリーはまさに“万能果実”と言えます。

2種類の食物繊維をバランスよく摂って美容&健康に役立てよう

それぞれの食物繊維が得意分野を活かして健康をサポート

水溶性食物繊維は主に、ネバネバ、トロトロした海藻などに多く含まれており、体内で水を含むとゲル状になって働きます。水溶性食物繊維は柔らかいので、腸内でほかの食物と混じりあいながら腸の表面をコーティング。脂質や糖質がたくさん吸収されてしまうのを抑えることができます。
また、腸内に住む善玉菌のエサとなって菌を増やし、腸内環境を整える働きもあります。特に、ダイエットを成功させたい方におすすめの食物繊維と言えます。

一方、不溶性食物繊維は、ゴボウや芋などの根菜類に多く含まれています。私たちがよくイメージする食物繊維はこの不溶性。胃で消化されずに腸まで形を保ったまま到達し、腸壁を刺激して蠕動運動を促すほか、腸内に溜まった老廃物を押し流してくれます。便秘解消やデトックスに効果的です。

このように、2種類の食物繊維はそれぞれ得意分野が違うので、ふたつを同時に摂取するのが理想。ブルーベリーのように、一度に両方を摂取できる食物を選び、効率よく食物繊維を摂りましょう。

本当に効果があるブルーベリーサプリメントランキング